研究助成 &
パートナーシップ募集

研究助成 &
パートナーシップ募集

概要:

Certara は提携する中核的学術研究拠点 (Centres of Excellence, COE) および非営利組織における研究の支援に注力しています。当社は、アカデミック研究組織のパートナーとの提携を通した、特別研究プロジェクトに対する貢献に誇りを感じています。これらの共同研究の成功を受け、また in vitro から in vivo への外挿 (IVIVE) およびメカニスティックな薬物動態/薬力学 (PK/PD) モデルに関連するトピックへの関心が高まり続ける中、当社は博士課程または博士課程修了後の研究者を対象とした奨学金への応募を毎年募集しています。

薬物動態学、in vitro-in vivo 外挿 (IVIVE) (吸収分布代謝排泄、およびトランスポーター)、小児薬理学、PK/PD モデリング、薬理遺伝学の分野において適格な学術研究機関からの研究提案を募集しています。博士課程在学者に対する奨学金として最長 3 年間にわたり年間最大 30,000 ユーロ、博士課程修了者の研究には最長 2 年間にわたり年間最大 50,000 ユーロが支給されます。

申請の必須要件として、応募内容の審査時に Simcyp ソフトウェアの有効なアカデミックライセンス*を保有している必要があります。加えて、Grant and Partnership Scheme (GPS) の事前申請フォームに記名された研究代表者もしくは研究者が、過去 3 年以内に 5 日間の Simcyp フルワークショップの全日程への参加を修了している、もしくは 3 種類の集中ワークショップ (Focused Workshop) への参加経験を有することが必要です。過去にワークショップ参加の要件を満たした Simcyp の既存ユーザーは、集中ワークショップに 2 回参加して最新の知識を学ぶことで、ワークショップ参加要件を更新することができます。

申請資格を満たす研究組織は保有するアカデミックライセンスと同一数の申請を同時に提出可能です。例えば、アカデミックライセンスを2つ保有する場合、最大 2 件まで申請可能です。当研究助成制度の目的として、Simcyp ソフトウェアのアカデミックライセンスを保有する第一線のアカデミック研究機関もしくは非営利組織における研究を支援することが挙げられます。申請の審査基準として、Simcyp ソフトウェアの臨床試験結果に基づく性能検証、または Simcyp によるシミュレーションの実行に重要となる in vitro データの収集といった項目が候補組織において適切に実施されることが挙げられます。

また、研究助成に採択されたプロジェクトの研究者には、Certara の英国シェフィールドの事業所において、Simcyp 部門の研究開発 (R&D) チームの支援を受けながらプロジェクトに取り組む、研究休暇 (sabbatical) の機会も与えられます。ただし、研究休暇の費用は研究助成とは別に支給されないため、交通費・宿泊費を含む全額を提案に組み入れる必要があります。申請された内容は、当社内の専門家と Simcyp コンソーシアムの加盟組織の代表者で構成される委員会により審査されます。

* 有効なアカデミックライセンスとは、Simcyp の契約書における記載条件のもとで付与されるライセンスであり、Simcyp ソフトウェアの登録ユーザーおよび関連するユーザーが過去3年間に一定要件を満たす Simcyp ワークショップへ参加していることが要件となっています。

ご興味のある研究機関は、以下の申請要件を参照して申請資格を満たすことをご確認ください。

  • 申請を希望する機関は、提案内容の対象となる研究分野において十分な実績を有していることが必要です。
  • 申請を希望する機関は、申請内容の審査時に Simcyp ソフトウェアの有効なアカデミックライセンスを保有している必要があります。また、申請プロジェクトに関連する業務を外部に委託することはできません。
  • GPS の事前申請フォームに記名された研究代表者もしくは研究者は、過去3年以内に適切な Simcyp ワークショップへの参加経験を有する必要があります。
  • 博士課程在学者に対する奨学金として最長 3 年間にわたり年間最大 30,000 ユーロ、博士課程修了者の研究には最長 2 年間にわたり年間最大 50,000 ユーロが支給されます。申請の予算がこの合計額を超える申請は審査対象から除外されます。
  • 申請が採択された組織には、プロジェクトにおける研究結果について、独占的なロイヤリティフリーのライセンスを供与する契約書への署名が要求されます。研究提案を申請する前に、所属組織が当該要件に対応可能か、所属組織の契約担当部門にご確認ください。

申請内容の評価基準:

  • 研究提案の科学的利益および実現可能性 (目的の明瞭性、プロジェクトの実現可能性など)
  • 予算および必要期間の科学的な妥当性 (提案される期間内における達成可能性など)
  • メカニズムに基づくモデル解析の応用および発展への適用可能性 (メカニズムに基づくモデル解析の応用および発展や、最新のモデルやアルゴリズムに対する改善などに対する、提案プロジェクトの適用可能性)
  • 所属組織および部門の研究実績 (研究提案の対象分野における研究実績および専門性など)
  • Simcyp 役員が構成する委員会、Simcyp 科学諮問委員会、および Simcyp コンソーシアムの会員の中から選任されたメンバーの投票により毎年決定される、Simcyp が注力する領域「Simcyp Areas of Interest」の上位 3 位の領域への適用可能性が高い応募研究には、追加スコア (3 点以内) が与えられます。2019年の上位3領域は、生物医薬品、特殊集団、トランスポーターです。

申請過程は2段階の申請手続きから構成されます。本年の事前提案の申請期間は、2019 年 8 月 1 日 (木曜日) から 2019 年 9 月 22日 (日曜日) までとなっています。 本申請の応募に向けた選考を通過した機関には 11 月初旬に通知が送られます。本申請の書類提出期限は 2019 年 12 月 1 日です。研究助成金の支給対象として採択された申請は翌年発表されます。

事前申請書類のテンプレートはこちらからダウンロードいただけます。必要事項をご記入の上、grants@certara.comまでご送付ください。なお、事前申請の応募受付期間 (2019 年 8 月 1 日から 9 月 22 日 まで) にご注意ください。

過去の GPS 研究助成対象組織:

2011 – フリンダース大学(オーストラリア、アデレード)

2012 – ニューヨーク州立大学バッファロー校

2013 – ワシントン大学(アメリカ)

2014 – マンチェスター大学(イギリス)

2015 – ラドバウド大学医療センター(オランダ)

2016 – ワシントン大学(アメリカ)

2017 – ロング・アイランド大学(アメリカ)

2018 – 英国、バーミンガム大学



Powered by Translations.com GlobalLink OneLink Software