Simcyp コンソーシアム

最先端の医薬品研究開発への貢献

Simcyp コンソーシアムは生理学的薬物動態(PBPK)およびメカニスティックモデリングの共同研究拠点として2001年に設立されました。コンソーシアム設立以降、Simcyp は、PBPK およびメカニズムに基づくモデリング&シミュレーション分野における先駆者としての地位を確立し、また Simcyp Simulator は、仮想患者集団における薬物動態結果の予測に対応した最も洗練されたプラットフォームとして進化を続けています。Simcyp Simulator は、臨床試験デザイン・特定の臨床試験の必要性・製剤設計・特殊集団における用量設定、および薬物間相互作用 (DDI) に関連する主要な意思決定に寄与する貴重な情報を提供します。本ソフトウェアはまた、医薬品開発早期の過程や戦略を再定義および最適化するうえで極めて価値が高いと見込まれる重要な前臨床試験のデータ要件を明確化するために活用されています。

過去数年間の実績として、Simcyp Simulator は、米国食品医薬品局 (FDA) によって承認された100件以上の新規医薬品・生物製剤の添付文書における情報提供に活用されています。添付文書へ追加情報として、潜在的な DDI・製剤に関する推奨事項・用法・用量・特殊集団に関する情報が含まれます。

PBPK およびメカニスティックモデリングの医薬品研究開発におけるリーダーシップ

現在までに、グローバルの大手製薬企業上位10社を含む36社の医薬品関連組織が Simcyp コンソーシアムに会員として加盟しています。製薬企業の会員に加えて、Simcyp コンソーシアムには世界各国の代表的なアカデミック研究機関、米国食品医薬品局(FDA)、欧州医薬品庁(EMA)、および日本の医薬品医療機器総合機構(PMDA)などの主要な規制当局が会員として加盟しています。医薬品開発、毒性学、その他の主要な科学分野における査読付き研究誌に掲載される何百という論文において、Simcyp Simulator の利用に言及しています。

Simcyp コンソーシアム会員は、Simcyp Simulator の最新バージョンが提供されるだけでなく、当該ソフトウェアの将来的な開発に積極的に関与し、さらに Simcyp のトレーニングや各教育プログラムに参加する権利を有します。Simcyp コンソーシアムは、Simcyp の新製品やサービスが、会員組織の現在および将来のニーズに直結することを確認する運営委員会としての役割も担っています。Simcyp コンソーシアムの会員組織は、さらに、ウェブサイトの会員専用エリアにアクセスして、Simcyp Simulator の最新バージョンのダウンロードや、エンドユーザー向けのリソースを入手することも可能です。

コンソーシアムに加盟し、最新の医薬品開発への貢献に参画することを希望されるお客様は、当社に直接お問い合わせいただくか、当社の開催するワークショップへご参加いただければ、Simcyp Simulatorおよび当社が提供するサービスについての最新情報を入手いただけます。

 

パートナー

詳細を見る LinkedIn Twitter Facebook Eメール
Powered by Translations.com GlobalLink OneLink Software