サターラ適正評価/資産評価

医薬品投資の継続又は中止の意思決定に関して資産評価を組み入れる

提携先とともに医薬品候補物質を見つけ出すことは、医薬品ビジネス生態系にとって最も重要なことです。新興企業は創薬と早期の開発に注力しますが、規制当局からの承認取得に至る複雑かつ費用・時間のかさむプロセスを、管理するための財源や経験を持たないことが多いのが現状です。こうした有望な医薬品製品を作り出す道筋には、ベンチャー・キャピタル、プライベート・エクイティーまたは既存の製薬会社との連携があります。

正しい投資の機会を選択する

有望な医薬品への投資には数百万ドルが必要であり、各自の資産を評価するために統制の取れたプロセスを構築することが重要です。Certaraの科学的適正評価/資産評価プログラムは、基本的に医薬品開発計画およびデータパッケージを最先端の方法でトリアージします。意思決定を伝えて、企業および企業プログラムに取り入れ又は反映させるためには、部門横断的な医薬品開発と商品化の専門知識を有する統合チームをいち早く立ち上げることが必要です。

科学的な適正評価には、開発および商品化のリスクの特定を含みます。開発節目と商品化の際にこうしたリスクを評価し、適切なリスクおよびリスク緩和戦略を取引構造や条件に組み入れます。医薬品の安全性に関する非臨床試験の実施基準(GLP tox)の前段階、ファーストインヒューマンの早期第2相試験時、第3相への移行時、商品化前を含むすべての重大な開発節目において、有益な包括的評価となります。

成功確率(POS)に影響する要因を理解する

Certaraは、戦略的で計画的なアプローチを発展させてきました。これにより、有望な研究開発、規制または商品化に関する致命的問題が特定され、目標とする製品プロファイルに合致しながらリスク緩和戦略を取り入れたステージゲート法開発コスト計画が作成され、臨床薬理およびモデルに基づく医薬品開発技術が明らかになります。医薬品開発技術は、スピード、効率性、意思決定の質を向上させることで、取引テーブル上に新たな価値を創造します。さらにCertaraは他に劣らず、有望な薬物クラス内の資産について、価格的優位性の評価を開発することもできます。

各々の医薬品製品やプログラムに関し、Certaraはカスタムメイドで部門横断的なチームを立ち上げ、適正評価リーダー、規制戦略家、臨床薬理学者、定量分析科学者および臨床および商業化専門家を含めた幅広い経験を有する医薬品開発専門家を集めます。毒物学、CMC、臨床薬理、臨床開発、臨床での安全性、生物統計学、規制および商品化を含めた成功確率に影響する重要な分野に取り組みます。こうした分析の結果は、推奨される投資論文および取引構造に反映されます

Certaraの適正評価は、バイサイド、セルサイド双方の当事者に提供可能です。適正評価を提供することにより、好機を判断するまたは標的とする企業を評価する、投資に関して正しく判断する、並びにどの開発が取引に関し価値の変化をもたらす可能性が高いのか理解に努める上で、ライフサイエンス投資家をサポートします。

 

 

 

Certaraは統合して、資産評価、科学的適正評価、またベンチャー・キャピタル、プライベート・エクイティー、社内の医薬品商品化チームおよび政府機関に向けた規制認可のためのガイダンスを提供します。Certaraは開発チームに、ステージゲート法によるコスト開発計画を含めたプログラム適正使用支援および機能分野の専門知識を提供します。

詳細を見る LinkedIn Twitter Facebook Eメール
Powered by Translations.com GlobalLink OneLink Software