Pharmacology to Payer

患者を中心に置くことに注力する

伝統的な医薬品開発においては、治験依頼者、監督機関および支払者間で開発プログラムの制限的な取組みまたは取組みの遅れが生じ、患者さんの命を救う薬へのアクセスが許容できない程遅れを生じることがあります。アダプティブ・ライセンスなどの代替的なアプローチは、段階的な承認、エントリー管理および先進的な権限付与を含みプロセスの進行を早めますが、課題の一部分のみが取り組まれ、支払者は含みません。システム視点をもって組織的に結束して取組むことが、未だに欠落しています。

P2Pとは何か?

P2Pとは革新的で系統的な患者を中心とした戦略で、部門を中心とした考えを打ち破り、治験依頼者、監督機関および支払者が開発ライフサイクルを横断して共通の意思決定プラットフォームを使用することを促進します。P2Pは、定量的薬理学、 PK/PD、疾患進行、疫学、医療活用、対象疾患向け化合物の医薬品経済性評価により新規薬剤の社会経済的な影響を評価します。こうしたすべての要素を解析することで、疾患進行に対する早期薬剤開発とPatient Journeyを関連付けることができます。


薬剤開発ライフサイクルへのアプローチ


P2Pの利点

P2Pは利害関係者に向けて、透明性のある対話および実践的な意思決定体制を構築し、多くの利益をもたらします:

  • 治験依頼者は市場価値の早期見積もり、事業事例、市場投入の確実性、暫定的価格設定により早期収益を得ることができます。
  • 監督機関は早期に規制要件に適合させることができます。
  • 支払者は償還要件の早期適合、リスク/コストを共有する機会を得ることができます。
  • 患者は医薬品への早期アクセスが可能となります。

製品開発におけるP2P応用

  • パンデミックに関する計画
  • 診断機会をプロファイルする
  • 患者、患者の介護人、地域に影響を与える高コストで衰弱を伴う疾患[感染性疾患、医学的対策、腫瘍、慢性炎症、神経変性病(アルツハイマーおよび多発性硬化を含む)を含む]と医療経済に対するPK/PDを評価します。

インフルエンザに関するP2P


詳細を見る LinkedIn Twitter Facebook Eメール
Powered by Translations.com GlobalLink OneLink Software