仮想集団

Simcyp Simulator における仮想母集団

以前は、in vitro から in vivo への外挿は以下の事例に限定して活用されてきました。

  • 大抵の事例において、若年の白人男性健常者を対象とした試験において収集される平均データに対してのみ外挿が実施されてきました。
  • その他のアプローチでも、単純な人口統計学的パラメーターのみに基づいて被験者間変動を予測していたため、不十分な精度となっていました。

これにより、リスクの極値を評価する能力が制限されます。Simcyp® Simulator のアルゴリズムは、以下の母集団における変動を考慮します。

  • 人口統計学的特性 (性別、年齢、体格、民族など)
  • 社会的因子 (環境的影響、食習慣など)
  • 遺伝的差異 (代謝酵素など)

Simcyp Simulator では、代表的な仮想母集団においてシミュレーションを実行することができます。生理学的変動をシミュレーションすることにより、対象となる患者個人における薬物の体内動態を現実的な変動に従って予測することが可能です。現実に存在する患者集団における薬物動態を予測する能力は不可欠です。この目的の達成に向けて、Simcyp のアルゴリズムには、対象となる患者集団における人口統計学および生物学的因子に関連する既知の変動が組み入れられています。生理学的変動の考慮は、臨床試験の実施前に薬物曝露の極度なリスクにさらされる可能性の高い個人を臨床試験前に同定するうえで極めて重要です。Simcyp のアルゴリズムにおいて、薬物吸収と体内動態に関する薬物固有の物理化学的データおよび in vitro データを関連付けることで、「仮想の標準的な男性」とは異なる「仮想患者集団」における薬物の挙動を予測できます。

Simcyp Simulator についての詳細は、以下の項目を参照してください。

詳細を見る LinkedIn Twitter Facebook Eメール
Powered by Translations.com GlobalLink OneLink Software