D360 Express

創薬研究データのインフォマティクス・ハブ

低分子化合物の創薬研究では、多様なデータソースから得られる複雑な生物学、ロジスティック、および計算科学などに関するデータを理解することが必要になります。創薬研究者の重要な課題として、重要な意思決定に必要となるこれらのデータにアクセスする時間やリソースを抑制することが挙げられます。

D360™ は業界をリードする研究データ用インフォマティクス・ハブで、世界各国で5,000人を超える創薬研究者が利用しています。D360™ Express は、中小規模の医薬品研究組織に所属する創薬研究者向けにデザインされました。D360 Express は、組織内外のデータソースから得られる研究データに基づいて、仮想的な化合物に関する機能・データアクセス・統合・解析・視覚化などを搭載する、使いやすくインタラクティブなプラットフォームです。

効率的なエンタープライズ・ソリューション

D360 Express は、迅速かつ低費用で運用を開始できるため、データ統合に対し大規模なエンタープライズ・ソリューションを要さない、組織にとって理想的なプラットフォームです。

  • コマーシャル・データおよび公開データベースから、化学・生物学的データを単一の画面に簡単にアクセス
  • 社内で、クエリー、データセット、リスト、およびコメントに対するカスタムな共同研究環境を提供
  • ユーザー主導型の環境におけるリアルタイムな連携


最新データへのアクセス

クエリー構築に対応する、使いやすいインターフェースを通して、スキルの高低に関わらず、全てのユーザーがIT管理者のサポートなく操作することが可能です。また、ユーザーはそれぞれデータの保存場所を把握することなくダッシュボードの設定や複雑な科学的課題の検討をすることが可能となります。D360 Express は、IT管理者のサポートなしに、最新データを取得することが可能です。

解析と化合物設計機能

D360 Express は、統合的な解析ツールです。データからの解析・視覚化により、化合物の優先順位設定が可能となります。新しい化学構造のアイディアをスケッチまたは外部からのインポートを介して追加できます。実在の化合物および仮想的な化合物の評価・優先順位付け・研究チームとの共有も可能です。

プラッグ & プレイ・システム

D360 Express には、データソースへの接続に対応する標準コネクターが搭載されているため、既存のITインフラの変更なしに導入が可能です。新しいデータソースやウェブサービスをいつでも追加することが可能です。(通常、2データソースまで初回パッケージに含まれています)

効率性向上と知見に基づいた意思決定

D360 Express は、データフィルター・データ探索・各種の視覚化を通して、化合物設計・解析・重要なパラメーター算出の組み込み機能を搭載した使いやすいインタラクティブなプラットフォームです。これにより、科学的理解に通じるデータアクセスの高速化と効率化を達成することができるツールです。





詳細を見る LinkedIn Twitter Facebook Eメール
Powered by Translations.com GlobalLink OneLink Software