D360

データ・インフォマティクス・プラットフォーム

低分子化合物の創薬研究では、多様なデータソースから得られる複雑な生物学・ロジスティック・計算科学などに関するデータを理解することが必要になります。創薬研究者の重要な課題として、組織内外のデータソースに散在する最新で関連性の高いデータに効率的にアクセスすることが可能です。その際に、プロジェクトデータを単一の画面で一元的に表示されることが理想です。

D360™ は業界をリードする研究データ用インフォマティクスハブであり、世界各国の5,000人を超える創薬研究者により利用されています。このプラットフォームでは、創薬研究者自身が主導してデータアクセスおよび統合解析が可能となり、研究者の業務ニーズをカバーするために開発されました。これにより、各ソースのデータにフルアクセス可能となるため、いつでもデータクエリーをすることが可能となります。



データ表示・アクセス・解析などに対応したソリューション

効率的なエンタープライズ・ソリューション

D360 はエンドユーザーがアクセス可能な共同作業を実現する研究データネットワークです。このネットワークを構築することで、研究上の重要な課題に対する迅速かつ正確な回答の提示に貢献します。プロジェクトデータの見方として、2つの方法があります。1つはスタンダード・プロジェクト・データ・ビューで、もう1つはad hocです。

データアクセス

クエリー機能と、使いやすいインターフェースを通して、スキルの高低に関わらず、全てのユーザーがIT管理者のサポートなく操作することが可能です。また、ユーザーはそれぞれデータの保存場所を把握することなくダッシュボードの設定や複雑な科学的課題の検討をすることが可能となります。

解析と化合物設計機能

D360 Express は、統合的な解析ツールです。データからの解析・視覚化により、化合物の優先順位設定が可能となります。新しい化学構造のアイディアをスケッチまたは外部からのインポートを介して追加できます。実在の化合物および仮想的な化合物の評価・優先順位付け・研究チームとの共有も可能です。

前臨床研究における D360 の活用

D360 では、前臨床データソースを活用することで、薬理学者・毒性学者・病理学者が個々の研究領域を超えたレベルでデータ管理が可能となります。D360 を用いることにより、サイエンティストは曝露量と毒性の異種間比較・対照群の遺伝的浮動・薬物クラスにおける副作用の発生割合を探索することができます。

効率性向上と知見に基づいた意思決定

D360 は、データフィルター・データ探索・各種の視覚化を通して、化合物設計・解析・重要なパラメーター算出の組み込み機能を搭載した使いやすいインタラクティブなプラットフォームです。これにより、科学的理解に通じるデータアクセスの高速化と効率化を達成することができるツールです。

複数組織の外部研究パートナーの安全なデータアクセス

D360パートナーは既存の実装D360上に追加可能で、治験依頼者と外部研究パートナーの連携を促進する外化技術です。このソリューションは外部パートナーに、安全性の高いアクセスを承認されたプロジェクトデータに限定して提供し、組織間のデータおよび知見を効率的に共有する障害となる障壁を除外します。









詳細を見る LinkedIn Twitter Facebook Eメール
Powered by Translations.com GlobalLink OneLink Software