D360

データ・インフォマティクス・プラットフォーム

創薬研究では、多様なデータソースから得られる複雑な化学・生物学・ロジスティック・計算科学などに関するデータを理解することが必要になります。創薬研究者の重要な課題として、組織内外のデータソースに散在する最新で関連性の高いデータに効率的にアクセスする方法が必要とされます。その際に、プロジェクトデータが単一の画面で一元的に表示されることが理想です。

D360™ は業界をリードする研究データ用インフォマティクスハブであり、世界各国の 6,000 人を超える、小分子創薬研究者や生物製剤分野の創薬研究者により利用されています。このプラットフォームでは、創薬研究者自身が主導してデータアクセスおよび統合解析が可能となり、研究者の業務ニーズをカバーするために開発されました。これにより、各ソースのデータにフルアクセス可能となるため、いつでもデータクエリーをすることが可能となります。



データ表示・アクセス・解析などに対応したセルフサービス型統合ソリューション

効率的なエンタープライズ・ソリューション

D360 はエンドユーザーがアクセス可能な共同研究作業を実現する科学アプリケーションです。このアプリケーションを構築することで、研究上の重要な課題に対する迅速かつ正確な回答の提示に貢献します。標準的なプロジェクトのデータビューの取得や各研究固有の照会事項への回答などの研究者の利用目的に関わらず、プロジェクトデータと、ad hoc データベースから抽出されたデータを結合させて、数分間でデータビューとして統合させることができます。

データアクセス

直感的なドラッグアンドドロップによるクエリー構築のインターフェースを通して、スキルの高低に関わらず、全てのユーザーが IT 管理者のサポートなくデータにアクセスすることが可能です。また、ユーザーはそれぞれデータの保存場所を意識せずにダッシュボードの設定や複雑な科学的課題の検討をすることが可能となります。

解析と化合物設計機能

D360 は、包括的な解析ツール、化学構造および配列の表現、仮想化合物を利用した化合物デザインの支援機能を提供します (ソースシステムでは化学構造は参照できません)。検索データの解析・視覚化により、化合物の優先順位設定が可能となります。新しい化学構造のアイディアをスケッチまたは外部からのインポートを介して追加できます。実在の化合物および仮想的な化合物の評価・優先順位付け・研究チームとの共有も可能です。D360 はどのようなモダリティにも対応しており、手動によるデータ操作に時間を費やすことなく研究に集中できます。システムの導入後即座に低分子、オリゴヌクレオチド、ペプチド、抗体の研究に利用できます。

前臨床研究における D360 の活用

D360 は前臨床データソースを統合させることが可能であるため、前臨床薬理学者・毒性学者・病理学者が個々の研究領域を超えたレベルでデータを理解することが可能となります。D360 を用いることにより、サイエンティストは曝露量と毒性の異種間比較・対照群の遺伝的浮動・薬物クラスにおける副作用の発生割合を探索することができます。

効率性向上と知見に基づいた意思決定

D360 は、データワークフロー全体の支援、直感的なデータアクセス、インタラクティブなデータフィルタリング、データ探索、化合物の各種視覚化の機能に加え、解析や重要なパラメーター算出の機能を搭載した優れた性能を有するデータプラットフォームです。D360 で実行される作業は、研究チームのメンバー全員で容易に共有できます。これにより、科学的理解に通じるデータアクセスの高速化と効率化を達成することができるツールと位置付けられます。

複数組織の外部研究パートナーの安全なデータアクセス

D360 Partner は既存の実装された D360上に追加可能な、スポンサー企業と外部研究パートナーの連携を促進する外部公開技術です。このソリューションは外部パートナーに対して、安全性の高いアクセスを承認されたプロジェクトデータのみに限定して提供し、組織間のデータおよび知見の効率的な共有の障害となる課題を解消します。

詳細を見る LinkedIn Twitter Facebook Eメール



Powered by Translations.com GlobalLink OneLink Software