D360

データ・インフォマティクス・プラットフォーム

Drug discovery research requires understanding complex chemical, biological, logistical, and computational data from a wide variety of data sources. 創薬研究者の重要な課題として、組織内外のデータソースに散在する最新で関連性の高いデータに効率的にアクセスすることが可能です。その際に、プロジェクトデータを単一の画面で一元的に表示されることが理想です。

D360™ is the industry-leading scientific data informatics hub used globally by over 6,000 discovery research scientists in small molecule and biologics discovery and pre-clinical safety. このプラットフォームでは、創薬研究者自身が主導してデータアクセスおよび統合解析が可能となり、研究者の業務ニーズをカバーするために開発されました。これにより、各ソースのデータにフルアクセス可能となるため、いつでもデータクエリーをすることが可能となります。



データ表示・アクセス・解析などに対応したセルフサービス型統合ソリューション

効率的なエンタープライズ・ソリューション

D360 is an end user-accessible collaborative scientific application that can be used to quickly and accurately answer critical research questions. Whether you want a standard project data view or need to answer a specific research question, project data and ad hoc datasets can be pulled and tied together into a consolidated view in a couple of minutes.

データアクセス

Intuitive drag-and-drop query-building interface enables users of all levels to generate project data dashboards and ask complex scientific questions without having to know where the data resides and without the need for administrative support.

解析と化合物設計機能

D360 provides integrated analysis tools, chemical structure and sequence representation, and support for compound design through virtual compounds (chemical structures not available in source systems). Retrieved data can be analyzed and visualized for substance prioritization. 新しい化学構造のアイディアをスケッチまたは外部からのインポートを介して追加できます。実在の化合物および仮想的な化合物の評価・優先順位付け・研究チームとの共有も可能です。D360 can be used with any substance modality to let scientists focus on their research and not manual data manipulation and is used today in small molecule, oligonucleotide, peptide, and antibody research.

前臨床研究における D360 の活用

D360 can also connect pre-clinical data sources providing pre-clinical pharmacologists, toxicologists, and pathologists the ability to understand data at a level beyond an individual study. D360 を用いることにより、サイエンティストは曝露量と毒性の異種間比較・対照群の遺伝的浮動・薬物クラスにおける副作用の発生割合を探索することができます。

効率性向上と知見に基づいた意思決定

D360 goes beyond standard data retrieval platforms by supporting the whole data workflow; intuitive data access, interactive data filtering, exploration, and numerous visualizations for built-in design, analysis, and calculation of key parameters. All D360 work can be readily shared with research team members. これにより、科学的理解に通じるデータアクセスの高速化と効率化を達成することができるツールです。

複数組織の外部研究パートナーの安全なデータアクセス

D360 Partner は既存の実装された D360上に追加可能な、スポンサー企業と外部研究パートナーの連携を促進する外部公開技術です。このソリューションは外部パートナーに対して、安全性の高いアクセスを承認されたプロジェクトデータのみに限定して提供し、組織間のデータおよび知見の効率的な共有の障害となる課題を解消します。

詳細を見る LinkedIn Twitter Facebook Eメール


Powered by Translations.com GlobalLink OneLink Software