中枢神経系疾患

中枢神経系疾患:
戦略的モデリング & シミュレーションサービス (M&S)

Certara は、臨床開発における中枢神経系疾患 (CNS) の戦略的な開発計画を支援しています。また、新規の作用機序を有する医薬品の試験デザイン・適応症の選択・開発戦略に関わる主要な課題に対応しています。さらに、開発中の医薬品が標準治療に対して競争性を評価するモデルの開発に努めています。

当社は、CNS (Central Nervous System) の疾患領域における幅広い疾患・病態に対し豊富な経験があります。

疾患領域

  • 急性疼痛- 歯痛、手術後疼痛
  • 注意欠陥多動性障害 (ADHD)
  • アルツハイマー病/認知症
  • 筋萎縮性側索硬化症 (ALS)
  • 不安障害/パニック障害
  • 双極性障害
  • ハンチントン病を伴う舞踏病
  • 慢性疼痛- 神経障害性疼痛、片頭痛、帯状疱疹後神経痛 (PHN)、腰痛、変形性膝関節症の疼痛
  • コカイン依存症
  • 鬱病
  • てんかん
  • 日中の過剰な眠気 (EDS)
  • 不眠症
  • 大鬱病性障害
  • 多発性硬化症
  • ナルコレプシー
  • パーキンソン病
  • 精神病性大鬱病 (PMD)
  • 統合失調症

Clinical Trial Outcomes Databases

CertaraのCNS 疾患領域を対象としたデータベースによって、モデルに基づくメタ解析 (MBMA)を適切に実施します。これによって、化合物の反応を競合性として評価することが可能となります。また、統合失調症・アルツハイマー病・鬱病向けのデータベースは、疾患領域におけるモデルに基づくメタ解析 (MBMA) の評価を目的として開発されました。

Certaraは、CNS 疾患治療薬の安全性・有効性を確立するため、M&S戦略のコンサルティングを支援します。



Powered by Translations.com GlobalLink OneLink Software