内分泌疾患

内分泌疾患:
戦略的モデリング & シミュレーションサービス (M&S)

Certara は、内分泌性疾患において幅広い専門知識を持ち合わせています。特に、糖尿病・肥満・性腺機能低下症・副甲状腺機能低下症などがそれに当たります。例えば、Certaraのサイエンティストは、これまで製薬企業に対して、前臨床から第4相試験の商業的戦略までを含む糖尿病治療薬開発プログラムを支援してきました。また、糖尿病治療の主要な薬物クラスに関して、試験デザイン・用量選択・動物からヒトへの外挿・開発戦略における重要な課題に対応してきました。当社が支援してきた各種プロジェクトには、母集団における有効性・安全性のバイオマーカーデータを対象とした用量反応性解析・ PK/PD 解析・腎障害の患者集団における用量選択・ヘモグロビン A1c (HbA1c) 値の長期的予測が含まれます。これまでの取り組みや研究を通して、近年新たに開発された治療方法を含む多くの薬物クラスに対し豊富な知識と経験を誇ります。例えば、グルカゴン様ペプチド-1 (GLP-1) 類似化合物やナトリウム・グルコース共輸送体2 (SGLT-2) 阻害薬などが含まれています。

疾患領域

  • 1型糖尿病
  • 2型糖尿病
  • 性腺機能低下症
  • 副甲状腺機能低下症
  • 肥満

Clinical Trial Outcomes Databases

CertaraのCNS 疾患領域を対象としたデータベースによって、モデルに基づくメタ解析 (MBMA)を適切に実施します。これによって、化合物の反応を競合性として評価することが可能となります。また、糖尿病治療薬に関する臨床試験成績のデータベースでは、2型糖尿病 (T2D) におけるメトホルミン (MET)・スルホニルウレア (SU)・チアゾリジン (TZD)・ジペプチジルペプチダーゼ4 (DPP4) 阻害剤・グルカゴン様ペプチド-1 (GLP-1) 類似化合物・ナトリウム-グルコース共輸送体2 (SGLT-2) を評価対象とした臨床試験から得られた安全性・有効性に関わる情報が含まれます。

Certaraは、CNS 疾患治療薬の安全性・有効性を確立するため、M&S戦略のコンサルティングを支援します。



Powered by Translations.com GlobalLink OneLink Software