感染症

感染症:
戦略的モデリング & シミュレーションサービス (M&S)

感染症治療薬の開発では、コンプライアンス・ウイルスダイナミクス・薬剤耐性といった固有の課題に直面します。Certara は、臨床試験の全開発相において過去10年間にわたって様々な感染症プロジェクトに貢献してきた実績を有します。例えば、ヒト免疫不全ウイルス (HIV) やC型肝炎 (HCV) のウイルスダイナミクス/カイネティクスのモデリングプロジェクトを支援した実績を有します。当社は、試験デザイン、用法・用量選択、および開発戦略に関する臨床上の重要な課題に対応しています。また、全身作用性の2種類の抗感染症治療薬の開発において、 IND (新薬治験許可申請) の承認申請も支援しています。さらに、近年では、プロテアーゼ阻害剤・非ヌクレオシド系逆転写酵素阻害薬 (NNRTI)・非核酸系逆転写酵素阻害剤 (NRTI)・その他新規メカニズムを含む多くの新薬開発に貢献しています。当社は数十の学会においてリーダーシップを発揮するとともに、査読付き学術誌への論文投稿の豊富な経験を有しています。そのほかの出版物の執筆や共同研究も現在進行中です。

疾患領域

  • 遺伝子型1-4のC型肝炎 (HCV) 感染症
  • ヒト免疫不全ウイルス1型 (HIV-1) 感染症
  • B型肝炎(HBV)感染症
  • 複雑性尿路感染症 (cUTI)
  • ヒト‐サル痘
  • 呼吸器合胞体ウイルス (RS) ウイルス感染症
  • 重症敗血症および血液凝固障害
  • 志賀毒素産生性大腸菌 (Escherichia Coli) による溶血性尿毒症症候群 (STEC-HUS)
  • 皮膚感染症
  • 黄色ブドウ球菌 (Staphylococcus aureus) 感染症
  • 市中感染性細菌性肺炎
  • 多剤耐性グラム陽性菌による重症感染症
  • 複雑性腹腔内感染症、MRSI (メチシリン耐性ブドウ球菌) 感染症
  • 黄色ブドウ球菌 (Staphylococcus aureus) の鼻腔保菌予防
  • インフルエンザ
  • ヒトライノウイルス
  • 取扱に注意を要する生物由来物質
  • NIAID (国立アレルギー感染症研究所) が指定する各種新規感染症/病原体
  • 各種の生物兵器防衛に関連する病原体

Clinical Trial Outcomes Databases

抗 HIV 薬および抗 HCV 薬の市場は、激しい競争が繰り広げられています。HCV の領域では、既存の標準治療に限界があることから、現在多数の企業が低分子新規治療薬を開発中です。当社の HCV 領域のClinical Outcomes Databaseは、開発中の新規化合物の最新の臨床試験成績情報を含みます。例えば、比較解析・試験デザイン・製品ポジショニングを目的としてこのツールを活用します。

CertaraのCSCグループは、感染症治療薬の安全性・有効性を確立するため、M&S戦略のコンサルティングを支援します。



Powered by Translations.com GlobalLink OneLink Software