メインコンテンツにスキップ
ホーム / リーダーシップ / Mark J Shelton
Mark Shelton

Mark J Shelton

Senior Director

Mark Shelton博士は、25年以上もの経験を有する、熟練の論文を公開している臨床薬理学の科学者です。薬理博士の学位を取得後、トーマスジェファーソン大学病院で臨床薬学の研修期間を完了した後、ニューヨーク州立大学バッファロー校(UB)で米国臨床薬学会が資金提供するフェローシップを終了しました。UBの学部で専門的なキャリアを開始し、小規模な臨床薬理部門を主導し、外来のHIV診療内の研究を実施しました。そして、さらに大きな入院病棟へと昇進し、健常な被験者を対象とした試験に注力しました。この後は、グラクソ・スミスクラインで6年間、臨床薬理学者を務め、抗ウイルス剤と腫瘍学の両方に従事しました。その後、臨床科学者として、ギリアドではC型肝炎に、INC ResearchおよびQuintilesでは初期段階の腫瘍学研究の臨床試験に注力した後、サターラでシニア臨床薬理学者としての現職に就いています。

論文審査のある学術誌での臨床薬理文献やさまざまな国際科学学会でのプレゼンテーションにおける幅広い実績があります。多様な臨床薬理および初期段階の開発プログラムを主導および実行してきました。それには、規制当局、治験依頼者、治験責任医師との密接なやり取りも含まれます。その例には、2つのHIVプロテアーゼ阻害剤の臨床薬理計画の策定/実施、新型インフルエンザのノイラミニダーゼ阻害薬の革新的な戦略、C型肝炎治療用の早期、全経口投与レジメン、別の適応症を探索するためにデザインされた腫瘍学試験ポートフォリオの戦略的デザインおよび実装などがあります。

Powered by Translations.com GlobalLink OneLink Software