医薬品開発は成功確率が非常に低い一方で、そのプロセスには多大な労力と費用が必要とされます。サターラはバイオシミュレーションソフトウェアやテクノロジーを駆使したコンサルティングサービスを提供することで、お客様の創薬・医薬品開発計画におけるリスク予測や意思決定をサポートしています。

2020年の時点で、サターラのソフトウェアやコンサルティングサービスは世界中の1,650社以上のお客様に採用されています。サイクルタイム短縮、コスト削減、患者さんのアウトカム改善を目指して、お客様の信頼できるパートナーとして、医薬品研究開発プロセスにおける重要な意思決定を確信をもって下すサポートを提供します。お客様の信頼できるパートナーとして、サイクルタイム短縮、コスト削減、患者さんのアウトカム改善を目指して、医薬品研究開発プロセスにおける重要な意思決定を確信を持って下すサポートを提供します。

さらに、Phoenix™ PK/PD プラットフォームや Simcyp™ PBPK Simulator ソフトウェアプラットフォームは、米国 FDA やPMDA、EMA を含む世界17エリアの規制当局に採用されています。

2014年以降の米国 FDA による新薬承認の90%以上に、サターラのバイオシミュレーションソフトウェアおよびサービスが活用されています。