メインコンテンツにスキップ

トランスレーショナルモデリング&シミュレーションソフトウェア

生理学的薬物動態学(PBPK)モデリング&シミュレーションが医薬品開発における強力なツールであるということは十分に認識されています。PBPKは、長くて高価な臨床試験なしには対処できない無数の「もしも」の疑問に答えるのに役立ちます。

PBPKはまた、研究開発プロセスの初期段階で重要な決定を下すための情報源として、幅広く応用が可能です。サターラの新しいSimcyp Discovery Simulatorは、直感的なPBPKソフトウェアです。治験前申請(IND)およびトランスレーショナルステージにおける意思決定を支援します。Simcyp Simulatorから生まれたSimcyp Discoveryは、低分子の探索と開発に特化したソフトウェアです。

最も有望な薬剤候補を選別

ハイスループットスクリーニングは、有望なリード化合物を同定するプロセスをスピードアップします。Simcyp Discoveryは、何千もの潜在的化合物の迅速なバッチスクリーニングを可能にし、最も有望な候補化合物を特定します。

また、ターゲットプロダクトプロファイル(TPP)を達成するために、化学物質シリーズに最適なラボの目的に関する決定の指針にもなりえます。

まずはご相談ください
Triage the best drug candidates

TPPを達成するためのラボの目標の定義

早期PK、PDおよびFIH投与量予測
DDIリスクアセスメント
早期製剤スクリーニング

毒性試験における暴露予測

TPP = target profile; PK = pharmacokinetics; PD = pharmacodynamics; FIH = first-in-human; DDI = drug-drug interactions

Predict first-in-human (FIH) PK

ヒト初回投与(FIH)PKの予測

IND申請には、ファースト・イン・ヒューマン・プロトコールが必要です。In vitro in vivo外挿(IVIVE)-リンクPBPKは、データが限られている初期段階でのPKおよび投与量予測に適用することができ、生理学的変数の影響のメカニズム的理解を可能にします。

Simcyp Discoveryは、トランスレーショナルリサーチのための動物とヒトの両方のシミュレーションのための統一されたインターフェイスを提供し、PBPKを使用して初期の医薬品開発の結果を予測します。ヒト、マウス、ラット、イヌ、サルのPBPKモデルも含んでいます。前臨床動物におけるIVIVEの確立は、ヒトにおけるIVIVEとPBPKモデル構築に役立ちます。Simcyp Discoveryには、最小PBPKモデル、完全PBPKモデル、1、2、3コンパートメントPKモデルを含むコンパートメントモデル、さらに1次(FO)モデル、高度溶解・吸収・代謝(ADAM)モデルなど、さまざまなモデルオプションが用意されています。

所望の濃度を達成するために必要な投与量を決定するのに、異なる線量レベルと頻度でシミュレーションを行うことができます。自動感度分析ツールを使って、さまざまな感度分析を行うこともできます。

Simcyp Discoveryのデモ動画

Simcyp DDI予測ツール

薬物-薬物相互作用(DDI)の評価は、あらゆる医薬品開発プログラムにおいて重要な安全性要素です。有害なDDIの早期予測は、迅速な意思決定に役立ちます。

Simcyp Static DDI Prediction Toolは、公表されている規制ガイダンス(FDA、EMA、PMDA、NMPA、ICHM12ガイダンス草案を含む)に基づき、酵素とトランスポーターのDDIリスクを迅速にフラグ付けします。

主な機能には、競合阻害、メカニズムに基づく阻害、誘導、トランスポーター阻害、メカニズムに基づく静的相互作用モデルなどの基本(カットオフ)モデルがあります。perpetratorとvictim 両方の視点からDDIのリスクを探ることが可能となります。

Simcyp Static DDI Prediction ToolはSimcyp Discoveryに統合されており、独立したアプリとしても利用できます。
.

新薬のDDI試験を推奨するICHのガイドライン案2022について読む
Other risk prediction

その他のリスク予測

Simcyp Discoveryは、DDIリスクの予測に加え、毒性試験における曝露量の予測をサポートし、非線形または時間依存性PKなどの薬剤プロファイルリスクを特定します。

デモの相談

早期処方スクリーニングの実施

PBPKは、新規製剤や代替製剤の開発を支援することで、製剤開発への応用がますます進んでおり、それによって治療法の恩恵を受けられる患者の数と種類は日々増加しています。

Simcyp Discoveryは、初期の製剤スクリーニング作業を強化する機能も搭載しています。感度分析を実施し、スプレードライ分散製剤を使用して溶解性を高めたり、微粒化によって粒子径を小さくするなど、製剤を改善するために何が必要かを判断できます。

詳細を表示
Conduct early formulation screening
Hannah Jones
Hannah Jones, PhD Senior Vice President, Head of PBPK Consulting Services

グローバル製薬企業において20年以上にわたって研究開発に携わっていました。特に、PBPKやPK/PDモデリングの分野で優れた実績を残しています。PBPKやPK/PDモデリング、DMPKに関連した50件以上の論文を発表しています。モデリング&シミュレーション手法の活用を通して医薬品研究開発プログラムに多くの貢献を果たしてきました。

Masoud Jamei
Masoud Jamei, PhD Senior Vice President, Simcyp Research & Development

Simcypの設計や開発、実装を担当する科学者とプログラマーチームを統括しています。in vitro-in vivo外挿やPBPK/PDモデル、トップダウンアプローチであるPopPKモデル解析手法のPBPKモデルへの応用など様々な分野に精通しています。

Bio Pic IanGardner
Iain Gardner, PhD Sr. Scientific Advisor and Head of Translational Science.

Iainは、Simcypコンソーシアムメンバーのニーズを満たすために、集団ベースの生理学的ベースのPK/PDシミュレータのさらなる開発を担当する科学チームを統括しています。サターラ入社以前は、ファイザーのグローバル研究開発部門の薬物動態・動態・代謝部門に12年間所属していました。

IND申請と臨床開発を見据えたPBPKの活用について、サターラに相談しませんか?

Powered by Translations.com GlobalLink OneLink Software