現代の新薬開発はチームスポーツです

当社の医薬品開発コンサルティングチームは、悪性腫瘍から希少疾患までの全治療領域における新薬開発ライフサイクル全段階をカバーする 250 件を優に超えるプロジェクトを通してお客様と連携してきました。

お客様専属のコンサルタントとして、当社のべストプラクティス、定量的手法、さらに統合アプローチを活用することで、規制対応や商業化の成功に至るまでの期間を短縮し、大幅な労力と費用の削減を実現します。臨床薬理、ファーマコメトリクス、承認申請および戦略、さらにマーケットアクセスを専門とする 650 名を超えるエキスパートで構成される世界屈指のチームを率いて、当社はお客様の目的達成を追求し続けます。サターラと共に医薬品開発のドリームチームを構築しましょう。

お問合せ

お客様へのサポート

Go to Clinical Pharmacology
臨床薬理

当社が有する臨床薬理の高い専門性は、医薬品開発の安全性と有効性を最適化するうえで不可欠です。医薬品添付文書の 50 %以上が臨床薬理に関する記載によって占められていることからも本分野の重要性が示唆されています。

臨床薬理学の詳細
Go to Strategy
新薬開発と承認申請

当社の実績ある定量的手法と統合アプローチを駆使することで、日々複雑性を増す医薬品開発計画の課題を克服し、成功確率を最大化させる支援を提供します。

開発戦略の詳細
Go to MBMA
モデルに基づくメタ解析 (MBMA)

モデルに基づくメタ解析 (Model-based Meta Analysis:MBMA) は、PK/PD と統計モデリングを組み合わせた定量的フレームワークです。外部公開された臨床試験の有効性、忍容性、さらに安全性データを活用することで、医薬品開発の意思決定に必要な情報を提供します。

MBMA の詳細
Go to Pharmacometrics
ファーマコメトリクス

ファーマコメトリクスは数学および統計モデルを用いて、薬物、疾病、さらに試験に関する情報を定量化することで、医薬品開発の重要な意思決定を支援します。

ファーマコメトリクスの詳細

Go to QSP
定量的システム薬理学 (QSP)

QSP モデルは医薬品研究開発の生産性向上に貢献します。QSP モデルは、薬物が時空間的に細胞ネットワークをどのように変化させ、さらにその変化と人体の病態生理が相互に与える影響を予測します。

QSP の詳細
Go to QSTS
定量的システム毒性学&安全性(QSTS)

QSTS は、従来の経験的なエンドポイントや動物実験に基づく評価ではなく、薬物の作用機序を有害事象のパスウェイや細胞ネットワークの阻害として捉えることで薬物有害反応予測に貢献します。

QSTS の詳細
Go to Simcyp PBPK Modeling
Simcyp 生理学的薬物動態 (PBPK) モデリング

当社独自の PBPK モデリング&シミュレーションコンサルティングサービスを採用することで、臨床試験の実施を回避しながら、多様な課題に対する答えを導き出すことができます。

Simcyp PBPK モデリングの詳細
Go to VBE
Virtual Bioequivalence(VBE)

当社の Simcyp VBE サービスは複雑性の高い後発医薬品開発を支援し、臨床エンドポイントの比較試験を実施することなく米国 FDA による承認を実現させた唯一無二の実績を有します。

VBE の詳細
お客様にとって確かな価値を生み出すことこそが当社の最優先事項です

モデリング & シミュレーション、レギュラトリーサイエンス、およびマーケットアクセスにおける当社のベスト・イン・クラスの専門性を活用しながら、重要な意思決定にとって有用な情報の提供と規制対応および商業化の成功を目指してお客様のチームと協働します。

スピード、コミュニケーション、品質、さらに信頼こそが、お客様とのパートナーシップの成功に最も重要な要素と言えます。お客様と共に強固なチームを構築し、リスクの予測や強固な戦略の策定、そして円滑な遂行を実現します。

お問合わせ
お客様に選ばれるパートナーとして

大手製薬企業、バイオベンチャー、ベンチャーキャピタル、さらに未公開株式投資会社が一様にサターラを選ぶ理由とは?

  • 定量的手法の活用:医薬品開発のライフサイクル全体にわたってモデリング&シミュレーションを活用することで、お客様の開発計画のリスクを軽減し、重要な意思決定の根拠を明確化し、目的をより賢明かつ迅速に達成するための支援を提供します。
  • 人材:臨床薬理学者、ファーマコメトリシャン、レギュラトリーサイエンティスト、メディカルライターなどから構成される、世界有数の実績と規模を誇る専門家チームを擁しています。
  • 優れた実績:悪性腫瘍、希少疾患、感染症、神経変性疾患などのパートナーシップに関する成功事例を蓄積しています。
まずはご相談ください
サターラのエキスパート
Patrick Smith, PharmD Senior Vice President, Integrated Drug Development, Strategy

20 年以上のグローバル医薬品開発の経験を持ち、医薬品開発ライフサイクルの全フェーズに精通しています。特に感染症や悪性腫瘍、炎症の治療領域において豊富な経験を有し、新薬の開発早期の計画策定や、開発計画における重要な課題の解決に対するモデリング&シミュレーション手法の活用にも長けています。これまで The New England Journal of Medicine(NEJM)や The Lancet などの学術誌に発表された 125 本以上の査読付き論文の著者として名を連ねています。

Fran Brown, PhD Senior Vice President, Integrated Drug Development

グローバル医薬品開発における創薬早期から承認申請、市販後に至るフェーズの中で戦略策定とオペレーションに25年以上従事した経験を有します。戦略的な創薬および開発計画の幅広い知見を有し、開発戦略やモデルを活かした医薬品開発の活用に特に重点的に取り組んでいます。

Rik de Greef, MSc Senior Vice President, Integrated Drug Development

医薬品開発過程における臨床薬理や臨床開発の成果にモデリングから得られる知見を統合させることに注力しています。これまで培った解析スキルと創造性を組み合わせることで、開発過程の適切な時期に適切な課題を投げかける効率性に優れた医薬品開発戦略を策定することに情熱をもって取り組んでいます。

お手伝いできることはありませんか?

サターラにお問合せください。お客様のプロジェクトを迅速に推し進める方法を一緒に考えませんか。

トップに戻る
Powered by Translations.com GlobalLink OneLink Software