包括的なプラットフォーム活用による生産性向上

一般的に、データ解析業務では、データの準備から報告書作成までの各工程を細心の注意を払いながら進めることが求められるため、非常に多くの時間と労力を必要とします。Phoenix WinNonlin™ は、データ解析に加えて、データ処理や図表および報告書作成、規制対応機能を搭載した包括的なソフトウェアプラットフォームとして、効率性に優れた一体化された作業環境を提供します。

Phoenix WinNonlin は世界 60 か国の 1,500 以上の組織に所属する 6,000 名の研究者に活用されています。ノンコンパートメント解析 (Non-Compartmental Analysis:NCA) や毒性解析 (Toxicokinetics:TK) 、薬物動態・薬力学 (Pharmacokinetics and Pharmacodynamics:PK/PD) モデリング&シミュレーション解析に対応する世界標準ソフトウェアとして、30 年以上の実績を積み上げています。

米国 FDA や日本の PMDA、中国の NMPA、および英国の MHRA といった世界各国の規制当局に Phoenix WinNonlin は導入されています。

PHOENIX 最新バージョン 8.3

2020年にリリースを開始した最新バージョンでは、お客様の要望に応える改良が加えられています:

  • オープンソースのプロット作成ツールである RShiny ggquickEDA との連携
  • Phoenix のプロットおよび報告書作成機能の改良
  • Phoenix Modeling Language に搭載される Visual Predictive Check の機能強化
  • Phoenix Modeling Language に実装された Distributed Delay 関数の機能強化

ダウンロードはこちら

効率性に優れたデータハンドリング
  • シンプルなインターフェース上に CDISC SDTM および SEND ドメインをインポートし、数回のマウスクリックで解析用データセットを作成することができます。Phoenix では、データのインポートから最終的な解析まで全プロセスを容易に追跡可能なので、データの損失や負担の大きな再解析の手間を未然に防止します。
  • Phoenix に搭載される Ratios and Differences ツールによって、NCA の解析結果に基づくバイオアベイラビリティや蓄積率、代謝物生成比などのパラメーター比算出が迅速かつ容易に実施できます。
  • Descriptive Statistics ツールでは、平均や分散だけでなく、歪度や尖度、パーセンタイルなど様々な統計量の自動算出機能が利用できます。
Book a Free Consultation
ユーザーフレンドリーな図表作成ツール

Phoenix WinNonlin では、高品質な図表と報告書作成に対応したユーザーフレンドリーなツールが多数搭載されており、簡単な操作でこれらの作業を標準化させることが可能です。

最新バージョンのプロット作成ツールには、オフセット機能やフォント編集、軸の順序や表示変更など、さまざまな機能が搭載されています。このような機能を活用して作成された図表を即座に解析報告書として整理し、所属組織や規制当局に対する説明資料として活用することができます。

 

カタログダウンロード
一貫性と効率性を備えたワークフロー
  • Phoenix に構築した解析ワークフローを再利用することで、複数のプロジェクトで要求される定型的業務の生産性を向上
  • 数回のマウスクリック操作によって、データ編集や加工、解析、図表作成など、全ての処理を自動実行
  • 新規データを既存の解析ワークフローに適用するだけで、解析結果を容易に更新
  • 負担の大きい解析や個々のデータプログラミングの手間を最小限に抑制
お気軽にお問合せください

トップに戻る
Powered by Translations.com GlobalLink OneLink Software