最先端の研究開発

Simcyp™ 事業部は、英国シェフィールド大学のスピンアウト企業として、Geoff Tucker 教授と Amin Rostami-Hodjegan 教授によって 2001 年に設立されました。Simcyp は 2012 年にサターラに買収された後、大きく成長し、現在、科学者、ソフトウェア開発者、サポートスタッフを含む 130 人を超える従業員を抱える組織となっています。

Simcyp 事業部はアカデミアと緊密な協力体制を構築しており、同事業部のチームは国際的に高く評価される最先端の研究開発を行っています。チームはサターラの蓄積された豊かな専門知識を駆使し、科学研究、ソフトウェア開発、カスタムメイドのコンサルティングサービスの提供、全世界での教育プログラムの開催にも取り組んでいます。

Simcyp Consortium の会員

現在までに、世界中のバイオ製薬会社 37 の医薬品関連組織が Simcyp Consortium に会員として加盟しています。Simcyp Consortium は、Simcyp Simulator の科学的な発展に有益なガイダンスを提供し、当ソフトウェアが引き続き業界のニーズを満たしさらなる進化を続けるよう支援を行っています。

毎年、大手製薬企業および生物工学企業から成る Simcyp Consortium では会合を開き、モデリングとシミュレーションエリアの最新の科学開発について話し合い、Simcyp Population-based Simulator の今後の開発に関する指針を策定しています。

Learn more
Simcyp コンサルタント

サターラは、薬物の ADME(吸収、分布、代謝、排泄)とPK/PD データ解析・解釈のあらゆる局面に対応するコンサルティングサービスも提供しています。当社のサイエンティストは、生理学に基づく薬物動態(PBPK)モデルに関する助言を行うだけでなく、独自の分析、解釈および報告書を提供します。

資源と、専門知識、時間に制約のある、または Simcyp Simulator、定量的システム薬理学(Quantitative Systems Pharmacology、QSP)、品質、安全性、トレンドシステム(Quality, safety and trend system、QSTS)を導入する必要性の低い企業にとって理想的なサービスと言えます。

Learn more
Simcyp ワークショップについて

サターラの Simcyp 事業部は、モデルに基づく医薬品開発のさまざまな側面に関する実践的なワークショップを開催しています。5 日間のフルワークショップでは、メカニズムに基づく薬物動態の予測と PK/PD モデリングに患者集団における変動要因を統合させる手法を取り扱います。また 2 日間の集中ワークショップでは、モデルを活かした医薬品開発における特定のトピックを詳細に議論します。また、お客様の特別な要件に併せて仕様が可能なカスタムメイドのトレーニングを提供しています。

Browse workshops

Simcyp Consortium の会員

トップに戻る
Powered by Translations.com GlobalLink OneLink Software